「いい話だからウソでもいいじゃん!」がデマや似非科学を蔓延させる


私はデマや似非科学が大っきらいです。

悪徳商法の繰り出すトンデモ理論はもちろんのこと、TwitterやFacebookで流れるちょっとした小話でもウソの匂いには敏感に反応し、ソースを探したり本人に凸ったりします。

「なぜこんなちょっとしたことにムキになるのか。誰にも迷惑かけてないじゃないか」

って反応をいただくこともしばしばです。

私もなんでこんなにデマやら似非科学やらに拒否反応を示してしまうのかちょっと不思議だったので自己分析してみました。

振り返ってみると、決定的にデマが嫌いになったのって東日本大震災以来なんですね。

震災が起きたあのとき、私はオフィスにいました。電話やメールといった普段使い慣れたインフラがダウンしていたので、連絡や情報収集はもっぱらTwitter頼みです。そのときに流れていたデマのひどいこと。

「どこそこの家電量販店で携帯の充電ができるよ」のようなかわいいものから、ひどいものでは「千葉の化学工場が爆発して、汚染された雨が降る」みたいなものまで。「建物が崩壊して動けません。助けてください」というような、救急体制に直接悪影響を与える悪質なものも多くありました。

リテラシーは高いつもりでいた私でしたが、そうしたデマの一部に引っかかってしまい拡散を幇助してしまったこともありました。いま思い出しても恥ずかしい限りです。

いまでも東北産の食べ物に対する放射能デマなどが生き残っており、本当に腹立たしい状況ですが、あの出来事をきっかけにデマが決定的にきらいになったのだと思います。

「いや、それなら悪質なデマだけ突っ込めばいいじゃん」

そんなご意見もあるかと思いますが、それはなんか問題がある気がするんですよね。

というのも、「いい話だから無批判で受け入れる」ことを常態化してしまうと、「情報の真偽を問う力」がだんだんと弱まってしまう気がするんですよ。

たとえば、「いい話だからウソでもいいじゃん!」で広まってしまった似非科学の代表格は「水伝」でしょう。水にやさしい言葉をかけるときれいな結晶になる、意識のない水でさえそうなのだから人間同士ではもっと気を使ってやさしい言葉を使いましょう、というやつです。

一定のリテラシーがある方なら、こんな非科学的な話は鼻で笑うでしょう。けれども、実際これが道徳の教科書に載ってしまった(※2013/4/9追記:利後述しますが、道徳の教科書に載ったのではなく、教材として使われたようです)りしたわけです。理科の先生はやりづらかったろうなあ。

しかも、詐欺や悪徳商法ってこういう「一見していい話」からの勧誘を常套手段にしてたりするんですよね。マルチ商法の「中間流通を通さないから安い価格で提供できるんですよ」なんかが代表的かなあ。ロジスティクス業界の方が聞いたら憤死しそうな話ですが。

それでもし、普段から「いい話だから無批判で受け入れる」ってことを繰り返していて、「情報の真偽を問う力」が弱まっていると、こういうのにもどんどんひっかかりやすくなるような気がするんですよね。「EM菌で放射能が除去できる」とか「月々5万円の積立で1億円が貯められる」とかにだまされてしまうかどうかの分かれ道って、日々の情報に対する接し方を積み重ねた先にあるように思えるんです。

ちょっと引っかかるところがあったら都度ソースを調べる。あるいは尋ねる。

そういう地道な積み重ねがデマや似非科学に強い社会を作ると思うのは私だけでしょうか。


(※2013/4/9追記)
はてなブックーマークコメントで「教科書に載ったのは本当?」と指摘をいただきました。そのような記述を読んだ記憶があったので書いたのですが、改めて調べてみますと「道徳の教材に使われたらしい」という情報までしか確認できませんでした。ここにお詫びの上、訂正いたします。また、参考として以下にリンクを追記します。

「水からの伝言」を教育現場に持ち込んではならないと考えるわけ(Cybermedia Center, OSAKA University)
前野[いろもの物理学者]昌弘のページ:日記兼更新記録の2007年6月17日の記述

不十分と感じられたらまた他のソースを調べますのでご指摘ください。気がつきやすいので、Twitterのメンションかコメントで指摘いただけると助かります。

follow us in feedly

「いい話だからウソでもいいじゃん!」がデマや似非科学を蔓延させる” への9件のコメント

  1. まさにおっしゃる通りだと思います。
    ネットによる媒介能力が格段にアップされている昨今、
    ネットからの情報に頼っている現代の国民は
    悲しいかな、これからも単一情報に振り回されるのでしょうね!

  2. 海外の大学で学んでますが、正しそうな情報でも間違ってそうな情報でも、どんなものでも批判的に受け取り、必要あればきちんと出所は確認することは基本と習うんですけど、日本は違うんですか。

    またネットを中心に、日本は余りにも無記名文化が発達しすぎているんですが、記事における記名の有無は、真偽を判断する上の指標だと思うので、無記名のネット記事は最初から疑ってかかられてもおかしくないと思うんですけど。

    日本では批判的な受け取り方というのを、情報を流した側への侮辱のように個人的に受け取ってしまうようです。情報の真偽と個人は(故意で誤報を流す場合以外は)本来関係ないのに。海外では学校で習う内容でもみんなで議論したりするのに、日本ではそういう訓練をしないほとんどしないのが原因の一つでしょうか

    • 少なくとも私が学生のころには情報リテラシーの授業は受けたおぼえがないですね。報道経由ですが、最近ではそういう授業を取り入れだしていると聞いた記憶はありますが。

      日本ではネットどころか新聞記事でも無署名が中心なので、おっしゃるとおり常に眉毛がつばで濡れているくらいでちょうどよいのでしょう。

      批判が侮辱に受け取られがちというのもおっしゃるとおりです。私もソースを尋ねたり事実誤認を指摘しただけで逆上されてしまったことが何度かw

      教育でも家庭でも父権的なものが幅を利かせてきた期間が長かったためかもしれません。でも、最近ではそういうものも薄れているように感じますね。若い人ほど批判を正しく受け止める能力は高い傾向があるかもしれません。教育の成果なのかなあ。

  3. 失礼ですが、デマを許さないと仰っておられる一方、教科書に載ったか否か確認されずに書き込んでおられる、これもデマの拡散ではないでしょうか。まるでジョークの様です。

    • その件はたいへん失礼しました。お詫びして訂正しております。
      しかしながら、この記事では無謬性を求める主張をしているわけではありませんので、その点ご理解いただければ幸いです。

  4. 東北産の食べ物に対する放射能デマとありますが、「東北の食べ物は安全です。」というデマにひっかかっておられませんか?東北人に対する思いやりの気持ちはありがたいのですが、感情論と現実は切り離してお考えになるべきかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です