ヒガシマルのうどんスープはめんつゆに代わる一人暮らしの必須調味料


一人暮らしに欠かせない最強の調味料として「めんつゆ」がよく挙げられます。

あらかじめ複数の調味料と出汁がバランスよくブレンドしてあり、本来の用途のほかに煮物や鍋などの味付けに幅広く使え、一人暮らしに非常に重宝するためです。

私も以前は常備していたのですが、毎度使い切れないので買わなくなってしまいました。

便利なのは間違いないのですが、味の主張が強すぎるのが問題。

何に使っても「めんつゆ味」になってしまうので飽きてしまうんですね。

使わないでいると風味が落ちてしまい、ますます使いたくなるという悪循環。

どうも私はめんつゆと相性がよくないようです。

そこで最近活躍しているのが「ヒガシマルのうどんスープ」という粉末のつゆの素です。

ヒガシマルのうどんスープ(メーカーサイト)

6パック入り。

6パック入り。

6食分で価格は128円(近所のダイエー調べ)、1食分にして21円とリーズナブル。

1食分ずつ小分けになっているので1回ずつ使い切ることができます。

粉末のため、常温で長期保存をしても風味が落ちませんし、場所もほとんど取らないのもポイント高いです。

一度にたくさん料理をしない一人暮らしにはぴったりですよね。

使い方は簡単で、250~300CCのお湯で溶くだけ。

こんな透き通ったつゆになります。

こんな透き通ったつゆになります。

関西風のダシ濃い目でしょうゆが薄めの味付け。天ぷらや揚げ玉、油揚げなどで脂のコクを足してやるといいかんじ。

ちなみに、油揚げは切ってから冷凍しておくと長期保存でき、いつでも使えて便利です。

油揚げと同サイズのタッパーがあると捗る。

油揚げと同サイズのタッパーがあると捗る。

そのままお鍋やおでんのスープにもできますし、しょうゆや砂糖を加えれば煮物もOKです。

しょうゆの強い香りや砂糖の甘みがないのでアレンジが簡単で、汎用性の高さはめんつゆ以上といえるでしょう。

メーカーサイトのレシピ集によるとサラダやポトフ、パスタなどの洋食にも使えるようです。

このようにとても使い勝手がよい調味料なので、常備しておくと料理が捗りますよ。

そんなわけで、今日もおいしくうどんをいただきました。

油揚げ、舞茸、惣菜の天ぷらをトッピング。この季節に体のあったまるおうどんは最高!

油揚げ、舞茸、惣菜の天ぷらをトッピング。この季節に体のあったまるおうどんは最高!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です