右翼・左翼判定をやってみた


こんな2chまとめが話題になっていました。

自分が右翼なのか左翼なのかわかってない奴wwwwwwwwww

2chらしく草たっぷりのタイトルですが、紹介しているリンク先がなかなか面白いです。

日本版ポリティカルコンパス

質問の回答を元に、縦軸を政治的価値観(保守・リベラル)、横軸を経済左派・右派としたグラフへ、回答者の政治思想の傾向をプロットしてくれるというもの。

元祖はアメリカだそうで、それを日本版にアレンジしたものみたいです。

2005年ごろに作られたもののようで、TPPやエネルギー政策については触れられていませんが、現在でも十分通用する印象。

私が試してみたところ、縦軸-1.4、横軸1.11でほぼド真ん中に近いリベラル右派でした。

回答結果

回答結果

自己認識ではもっと経済右派だと思っていたんですが。

Q2が経済軸の採点基準となっているのでしょうが、福祉や労働者保護に積極的だとマイナス、自由化に賛成だとプラスになるのでしょう。

私は自由化によって経済成長でき、そこで得た利益によって福祉を実現できる(すべき)と考えているので、プラスとマイナスの回答が相殺して真ん中になったのだと思われます。

このグラフですべてが判断できるわけではありませんが、政治の争点が複雑さを増す中、こういう単純化はひとつの見せ方としてありかもしれませんね。

どうせなら政治家にも全員回答してもらいたいなあなんて思ったりもした次第。

選択肢に「どちらともいえない」がないので、逃げ道がないのもすばらしいです(笑)。

(参考)
ポリティカル・コンパス(Wikipedia)
本家ポリティカル・コンパス(英語)

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です