Kindle上陸で潰れる本屋の書店員は何をすべきか。あるいは幸福な本好きとして生きるために。


こんな記事を読んだ。

Kindleが上陸したけれど、本当に私たちを幸福にしてくれる電子書籍に気づいている人はやっぱり少ない

Kindleを買うんならKindle PaperWhiteがいいって主張については同意なんだけれど、本論と思われる部分にどうしても納得がいかないところがあった。

《供給側から考えても紙の本のほうがメリット大きい。その理由のひとつとして》書店はリアル物販ができる(多くの雇用を生む、優れた産業である。電子書籍は雇用を減らすので、産業としては望ましくない)。
※二重括弧内は私の補足

紙の本、そして書店は多くの雇用を生む優れた産業らしい。

そして、その営業を妨げる新刊本の電子書籍への投入は愚策だそうだ。

私は到底そんな見方に同意できない。

それは「人力車は多くの雇用を生む優れた産業だ。自動車は車夫や職人の雇用を減らすので、産業としては望ましくない」といっているようなものだからである。

もう少し掘り下げてみよう。

「多くの雇用」のミクロな部分だ。

電子書籍に比べると、本屋…書店員の仕事には随分とムダが多い。

  • 返本
  • 欠けた棚を埋めるために漫然と本を並べる
  • レジ対応
  • 掃除
  • カバーをかける
  • 棚卸し
  • 万引防止

まだまだあるんじゃないかと思うが、電子書店にはこれらの作業がまったく必要ない。

これらはまったく生産的な仕事ではないし、これらの業務にやりがいや喜びを感じている書店員などいるのだろうか?

はっきり言って、リアル書店だから求められる無駄な労働だ。

ここで勘違いをして欲しくないのだが、「だから書店員など不要なのだ。Kindleという黒船に打ち滅ぼされてしまえフワハハハハ!」などという意図はまったくない。

本屋は大好きだし、一生懸命仕事をしている眼鏡っ娘の書店員さんとはいつでも入籍する準備ができている。

なので今度は書店員の有意義な仕事を挙げてみよう。

  • 書店ならではの売り場を作る
  • オススメ本のPOPを作る
  • 売れ筋を予測して発注する
  • 来店客の相談に乗る

やや脱線するが、実家に帰った折に川越の書店に立ち寄ったことがある。

すると店内のずいぶんと目立つところに「川越の歴史・伝統」という特設コーナーが設けられており、地元の祭りの写真集や郷土史などがまとめられていて、けっこうな客が集まっていた。

川越以外では絶対に成り立たない売り場だろう。だがそれだけにユニークで面白い。

案の定、私も吸い寄せられて何冊か手に取ってしまった。残念ながら懐具合がさびしく、購入できなかったけれど。

こういう売り場作りなどは、書店員冥利に尽きる仕事なのではないだろうか。

そして、これこそ書店員に求められる本当の仕事なのである。

これらの仕事は電子書籍化が進んだってできる。いや、むしろ電子書籍が普及するほどにやりやすくなる。

例えば売り場作りやオススメ本のPOP作りはそのままアフィリエイトに活かせる。自分の薦めたい本をWebに並べ、オリジナルの推薦文をつけて打ち出せばいい。

電子書籍の市場が拡大すれば、当然オンラインでの購入が増えるから、アフィリエイト市場も一緒に拡大するのでチャンスはある。

それに、リスクを取って売れるかどうかわからない本の発注をする必要もない。(書店は返本できるので普通の小売業に比べるとリスクが小さいのだが)

それから来店客の相談である。

「子どもの読書感想文にオススメの本はある?」

「○○みたいな感じの本、ないかな?」

正直、このレベルの相談に的確に答えられる書店員は少ない気がするが、できる人にはマネタイズの可能性がある。Ablieココナラなど、個人のスキルを簡単に販売する手段が生まれてきたからだ。

まあ、このあたりのスキルは直接換金するより自サイトのコンテンツにして、集客のために使った方がいいかもしれないけれど。

さらには出版にかかるコストが大幅に下がったのも見逃せない。

「本屋大賞」への注目に代表されるように、優れた書店員は売れる作品を見つける目利きを備えている。

その能力を活かせば、自ら出版社を立ち上げて、Webに溢れる書き手から原石を見つけ出し、電子書籍市場に売り出していくことだってできるだろう。

自分がプロデュースした本を販売するなんて、リアル書店では絶対に味わえない醍醐味ではないだろうか。

そんなわけで、私は電子書籍の拡大は本当に本が好きで本屋になった書店員にとってはむしろ絶好のチャンスだと思うのだ。

重たい本を運ぶのが楽しくて、万引きを捕まえるのがやりがいで書店員になった人はいないだろう。

Kindleという黒船がもたらすものは、本当に本が好きな書店員が無駄なことに疲弊せず幸福な人生を得るまたとない機会なのだ。

follow us in feedly

Kindle上陸で潰れる本屋の書店員は何をすべきか。あるいは幸福な本好きとして生きるために。” への1件のコメント

  1. >それは「人力車は多くの雇用を生む優れた産業だ。自動車は車夫や職人の雇用を減らすので、産業としては望ましくない」といっているようなものだからである。

    人力車と自動車は役割が全然違う。

    >さらには出版にかかるコストが大幅に下がったのも見逃せない。

    業界のことを少しも知らないくせにいいかげんなことを書かないで欲しい。出版にかかるコストは電子書籍の方がずっと高い。しかも仕切り値(価格に占める出版社の収入)は紙の書籍のときは65~70%あったが、電子書籍ではたかだか30%程度。これではとてもやっていけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です