マークダウン記法がブログや議事録、思考整理にめちゃ便利だったので入門記事を書いてみる(布教)

black-cat

「マークダウン記法」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。Web系の仕事に携わっている方であればご存知の方も多いと思うのですが、それ以外で知っている方は少ないのではと思います。

かくいう私はといえば、Web系の仕事に長く携わっているにも関わらず、マークダウン記法という言葉自体は聞いたことがあったものの、実際にどんなものなのかはぜんぜんわかっておりませんでした。お恥ずかしい。

「なんかエンジニア方面の人がよく使ってるみたいだし、プログラミング言語に近しい何かなのかしらん。私はコード書かないし関係ないなー」

ってな漠然としたイメージを持っていたんですね。

しかし、最近になってようやくマークダウン記法を使いはじめてみたところ、これがとんでもない誤解だったことを知りました。また、思考を整理したり書式を整えたり、ブログの下書きをするのに超絶便利!!

どうしていままで使ってこなかったんだろう……と後悔をしたので、布教用にこちらの記事を書いてみました。

マークダウン記法とは

「書きやすくて読みやすいプレーンテキストとして記述した文書を、妥当なXHTML(もしくはHTML)文書へと変換できるフォーマット」として、ジョン・グル―バーにより作成された。アーロン・スワーツも大きな貢献をしている。Markdown の記法の多くは、電子メールにおいてプレーンテキストを装飾する際の慣習から着想を得ている。

引用元:Wikipedia

プログラミング言語ではなく、HTMLを簡単に記述するための記法だったんですね。なんちゅう誤解をしていたんだ……。

プログラムはWordPressをコピペで改造するくらいしかできない私ですが、簡単なHTMLくらいであれば理解できる、というかブログで日常的に利用しています。これを知った時点で、急にとっつきやすい存在に思えてきました。

マークダウン記法のメリット・デメリット

メリット

だらだら書いても長くなるので、箇条書きで挙げてから補足説明をします。

  • 書式が揃えられ、閲覧性が上がる
  • 文書の論理構造がとらえやすくなる
  • 入力コストが下がる
  • 学習コストが低い
  • 対応するツールが多い

書式が揃えられ、閲覧性が上がる

デスクワーカーであれば、Windows付属のメモ帳や秀丸など、シンプルなテキストエディタにメモ書きをする機会は多いと思います。文書やメールの下書き、議事録の作成時などですね。その際に「■」や「☆」などの記号や、マイナスを並べた罫線などを使ってしまいがちではないでしょうか。

決まったルールがないので、自分一人で書いていても雑然としてしまいがち。ましてや、ルールの共有ができていない他人が混ざるともうぐちゃぐちゃ。解読不能とまではいきませんが、読み解くのに無駄なストレスがかかります。

そこでマークダウン記法を導入するとどうなるか。決まったルールに沿って書くことになるので、閲覧性が断然向上します。

文書の論理構造がとらえやすくなる

元がHTMLを簡易に記述するために生まれた記法ですので、マークダウン記法で書いた文書は論理構造がとらえやすくなります。そもそもHTMLは文書の見た目ではなく構造を明確化するために生まれたマークアップ言語ですから当たり前なんですが。

とくに#(ハッシュ)の数でh1~h6を書き表せられるのがよいですね。ぱっと視覚的に見出しのレベルを捉えられます。

また、書きながら見出しのレベル、リストなどを自然に使い分けるようになるので、思考の整理にも大いに役立つでしょう。

ブロガー向けに現世利益を説くなら、Google先生へ正しく文書の構成を伝えやすくなるので、検索順位アップもいくらか見込めるかもしれません。(中身の方が大事だけどね)

入力コストが下がる

「軽量マークアップ言語」というくらいなので当たり前かもしれませんが、いちいちタグを打つ必要がないので楽です。スマホなど、キーボード以外の環境でも簡単に記述できます。

これは説明するより例を挙げた方が速そうですね。この記事の一部をHTMLで書いた場合と、マークダウン記法で書いた場合を比較してみましょう。

まず、HTMLで書いた場合のサンプルです。

<h2>マークダウン記法のメリット・デメリット</h2>
<h3>メリット</h3>
<p>だらだら書いても長くなるので、まずは箇条書きで挙げてから補足説明を。</p>
<ul>
<li>書式が揃えられ、閲覧性が上がる</li>
<li>入力コストが下がる</li>
<li>学習コストが低い</li>
<li>対応するツールが多い</li>
</ul>

一方、マークダウン記法で書くとこんなかんじ。

## マークダウン記法のメリット・デメリット

### メリット

だらだら書いても長くなるので、箇条書きで挙げてから補足説明をします。

* 書式が揃えられ、閲覧性が上がる
* 入力コストが下がる
* 学習コストが低い
* 対応するツールが多い

ね、シンプルでしょう?

学習コストが低い

「マークダウン記法」なんていかめしい名前がついておりますので、習得にはさぞ辛くて長い修業が必要なのだろうと思われるかもしれません。

さにあらず。

「#の数で見出しのレベルを揃える」「空改行で段落の区切り」といったちょっとしたルールをいくつかおぼえるだけで利用できるので、手を動かしながら試してみれば10分で勝手がわかると思います。

それに、ググればすぐに書き方が見つかりますし、あまり使わないものは忘れてしまっても別に問題ありません。

対応するツールが多い

テキストエディタや、スマートフォンアプリなど、マークダウン記法に対応したツールは非常にたくさんあります。

それぞれまとめ記事があったので、自分にあったものを探してみてはいかがでしょうか。

デメリット

さて、さんざんマークダウン記法をほめそやしてきましたが、1つだけデメリットがあります。

それは「マークダウン記法で書いても通じる人が少ない」こと。

せっかくマークダウン記法で書いた文書でも、相手がそれと知らなければ★や■を多用した「おれおれ記法」となんら違いがなく、マークダウン記法のメリットが半分なくなってしまうようなものです。

まあ、だから布教しようというわけなんですけどね。

自分が知らなかったことを棚に上げますが、こんな便利なものを使わないのはもはや損失です。小学校からマークダウン記法を教えるべきだと思います(極論)。

マークダウン記法の書き方とエディタ

逐一書き方を説明しようと思っていたのですが、見やすくまとまっているサイトを見つけたので代わりに紹介。同じことを二度書いてもしょうがないですし。いや、決して面倒くさかったわけではないですよ(力説)。

文章作成やメモ書きにも便利、Markdown記法|Web Design KOJIKA17

ついでにブラウザで使えるエディタもご紹介。まずこういうので手軽に練習してみるととっつきやすいと思います。

Jon Combe | Experiments | Markdown Editor | Try it

おまけ:主要ブログサービスのマークダウン記法対応状況

ちょっと気になって調べてみたのでおまけ。

マークダウン記法に対応

※1 WordPressでは「WordPress ›Markdown on Save Improved」などのプラグインをインストールしてマークダウン記法に対応できます
※2 livedoor Blogもカスタマイズが必要な模様(参考:MarsEditやWindows Live Writerなどの外部ブログエディタに対応しました|livedoor Blog 開発日誌

マークダウン記法に非対応

まあ、ブログの投稿フォームが直接対応をしていなくても、エディタなどでHTMLに変換してから投稿すれば済む話なんですが。

完全なる余談

アイキャッチの写真は谷中に墓参へ出かけたときに取った猫の写真です。よく「谷根千は野良猫の街」みたいなアピールを目にしますけど、あれは嘘ですね。路地や住宅街を練り歩きましたけど、結局たまたま立ち寄ったお寺さんでしかにゃんこには出会えませんでした。ほーりーしっと。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です