黒人を「ブラック」と言うのは人種差別用語? アメリカの大手メディアでの使用状況をちょっと調べてみた

say-black-is-raicism

「ポリティカル・コレクトネス」という言葉を昨年あたりからネットでよく見かけるようになった気がします。人権意識の高い人やLGBT(セクシャル・マイノリティ)界隈で頻繁に使用されるようですが、日本ではあまり膾炙していない用語かと思いますので、とりあえずWikipediaより定義を引用してみます。

ポリティカル・コレクトネス(英: political correctness、略称:PC)とは、言葉や用語に社会的な差別・偏見が含まれていない公平さのこと。職業・性別・文化・人種・民族・宗教・ハンディキャップ・年齢・婚姻状況などに基づく差別・偏見を防ぐ目的の表現、およびその概念を指す。

1980年代に多民族国家アメリカ合衆国にて始まった、「用語における差別・偏見を取り除くために政治的な観点から見て正しい用語を使う」という意味で使われる言い回しである。「偏った用語を追放し、中立的な表現を使用しよう」という運動のみでなく、差別是正全体を指すこともある。この運動は日本語など、他の言語にも持ち込まれ、いくつかの用語が置き換えられるに至った。しばしば(伝統的な)文化や概念と対立する。

引用:ポリティカル・コレクトネス – Wikipedia

理念はじつに正しいですね。しかし、引用文中にもあるように「伝統的な文化や概念と対立する」事態もちらほら発生するようです。ちょうど、今朝話題になっていた記事がその一例になるのかなあと思います。

「ブラック企業」は、人種差別用語である | トレンド | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

この記事をざっくり要約すると、

  • ブラックという黒人を指す「色」に、ネガティブなイメージを付加する造語は道徳的に問題がある。
  • 米国ではBlackではなく、Afro-Americanという表現のほうが公の場では一般的になっている。
  • 日本のメディアはこういうセンシティブな言葉に無自覚だから、もっと気をつけなくちゃいけないよ。

と、だいたいこんな感じでしょうか。

この記事に対しては、はてなブックマークのコメントなどでは、「柔道や空手の「白帯」「黒帯」は、逆に白人を差別していることになるのか?」「ブラックリストとかホワイトナイトとかも人種差別用語だな」などなどの批判が寄せられており、いわゆる出羽の守的炎上の様相を呈しております。

「欧米では」「共産圏では」と、すぐに他国などを引き合いに出して日本などの対象物を引き下ろそうとする安易な言説を振り回す人物に対して、揶揄的にこう呼ぶことがある。

引用:出羽の守とは – はてなキーワード

私もこの記事にはやはり違和感を持ちました。たとえば世界的企業であるGoogleは「ホワイトハットSEOとブラックハットSEOを白黒つけるぜ!」という意味を込めて「ペンギン」や「パンダ」と名づけたプロジェクトを発動させております。この記事の主張が米国での主流であるのなら、Googleはポリティカル・コレクトネス的にアウトなわけで、かのGoogle大先生がそんな浅はかな命名をするのかなあと疑問に思ったわけなのです。

まず、ブラック××という言葉にネガティブな意味合いを持たせるのは差別的かどうか、という点なのですが、これについては先人がすでに調べて下さっていたのでご紹介。

「ブラック」「黒」のついたネガティブな言葉は人種差別か? | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

これを読む限りでは、気にかける人はいるものの主流の考え方ではない、という感じでしょうか。

次に、「米国ではBlackではなく、Afro-Americanという表現のほうが公の場では一般的になっている」という点。こんな話は時折耳にするんですが、なにぶんメリケンの空気を吸って暮らしたことがないので本当かどうかどうもわかりません。いい機会なので簡単に調べてみました。

雑な調べ方で恐縮なのですが、米大手Webメディアで見出しやコーナー名に黒人を意味する「Black」を使っている例があるか探してみた結果が以下となります。

Obama Starts Initiative for Young Black Men, Noting His Own Experience – NYTimes.com
Black American Winemakers Featured at Obama Summit Dinner – Bloomberg
The forgotten godfathers of black American sport – CNN.com
Black News, Entertainment, Style and Culture – HuffPost Black Voices

ニューヨーク・タイムズ、ブルームバーグ、CNN、ハフィントン・ポスト…面倒になったので途中でやめましたが、バンバン使われているやないかーい。

ついでにBureau of the Census(アメリカ合衆国国勢調査局)の「よくある質問」的なページからもちょろっと引用。

Why do I come up with more than 100 percent when I add the race groups (White, Black, Asian, and American Indian) and Hispanic origin together.

引用元:State and County QuickFacts – FAQs

「どうして人種の各割合を足しても100%にならないの?」という統計系のサイトにはほぼ載っている素朴な質問ですが、ばっちりBlackって書いてますね。ここがたまたまではなく、他のページでも「Black, Afro-American, or Negro」みたいな書き方になっていたので、普通に使われているのだと思います。

ちなみに、この記事の筆者である高橋浩祐さんの寄稿先のひとつ、英ガーディアン誌にも黒人を意味する「black」が使われていたのですが、高橋さんは日本のメディアに警鐘を鳴らす前に、ご自身が投稿されている英語圏のメディアへ同じ主張をされた方がよいのではと思いました。(すでにしていたらごめんなさい)

高橋 浩祐さんの寄稿先一覧(英語)
From Ferguson to Rio: two black teenagers shot dead by police, two very different reactions | World news | theguardian.com

ともあれ、私が見た限りではありますが、米国であっても元記事で主張されているほど「ブラック」という言葉に対して配慮を求める風潮はないんじゃないかなあと感じました。大手メディアや国家機関がポリティカル・コレクトネスを無視しているとは考え難いですよね。

まあ、「米国」と一口に言ってもさまざまな文化を内包しておるでしょうから、クラスタによってはそういう考えもあるのだろうと思うのですが。このあたり、米国在住の普通の人が日々感じていることがわかったらうれしいなあ。

follow us in feedly

黒人を「ブラック」と言うのは人種差別用語? アメリカの大手メディアでの使用状況をちょっと調べてみた” への1件のコメント

  1. ニューヨークで10年、その他4か国を転々と暮らしていた者です。

    黒人は「黒=悪」などと考えていないんで黒人を「ブラック」と呼ぶのは全然人種差別にはなりませんよ。
    もちろん「アフリカ系~」という呼び方もしますが、アフリカ系以外にも黒人はいるのでむしろ「black people」というのが一般的な呼び方です。

    なぜ「ブラック企業」という呼び方が問題になるのかと言えば、対義語が「ホワイト企業」だからです。「ブラック企業=悪、ホワイト企業=善」という考え方があるから問題になるんです。
    黒人を「ブラック」と呼ぶだけなら、そこに「ブラック=悪」という考えはないので、人種差別には全くなりません。

    私個人としては「black=悪、white=善」という考え方は日本以外では徐々に使われなくなっているという印象ですね。英語のサイトを十分に見ていただければ分かると思いますが、「white hat seo と black hat seo」の呼称ができた時も、人種差別的であるという批判が多くありました。この呼び方が定着してしまったので、googleはペンギンやらパンダという呼称を用いているようですが。

    サッカーの浦和レッズの差別問題の対応の遅さを見ても分かるように、日本では人種差別に対する関心が極めて低いと言えます。
    有名な話ですが、日本人に「箸をちゃんと使えるんだ、凄いね」とか「へー、お米食べられるんだ」と言われて不快な気分になる外国人がいます。日本人にとっては深い考えのない言葉でも、外国人にとっては不快な思いをさせてしまう言葉になりえます。英語でよく検索していただければ分かると思いますが、日本人に対して「racist」というイメージを持つ外国の方は多いです。(youtubeなんかを見てもらえばわかりますが、中韓に限らず、欧米でもそういうイメージを持っている人は多いです)
    日本人からしたら差別しているつもりは全然ないんですけど、差別問題があまり身近に実感できないんで、意識の差は存在してしまっています。

    日本では伝統的に「黒=悪、白=良」としてきたところがあり、それに基づく昔からある言葉を制限するのはおかしいとは思いますが、今後ますますグローバル化し、外国人との接触も増えていく中で、ネーミングの際にもう少しよく考えてみてもいいのかなとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です