Skip to content →

もうSEO対策会社にお金を払う必要が無い!?内部施策指示書いらずのチェックシート

株式会社ユナイテッドリバーズの沢辺と申します。
週末もSEO対策をがんばっているので、ついでにコツコツ記事を貯めようと思い、
同じ週末にSEO対策を頑張っている友人と一緒にブログを始めました。

早速ですが、自分の首を締める感じの記事を書こうと思います。

「SEO対策会社にお金を払う必要が無い!?内部施策指示書いらずのチェックシート」

<まえがき>
※知ってるよ。という方は読み飛ばしてください。

SEO対策でアクセスを上げる為には、

  1. (検索エンジンから見やすいように、公開されるページのURLやHTMLタグ等を調整)
  2. テキストを増やす。
  3. リンクを増やす。
  4. ページを増やす。

基本的には、3つ(4つ)しか対策することはありません。

 

最初の「検索エンジンから見やすいように、公開されるページのURLやHTMLタグ等を調整」について、
検索エンジンから評価されやすい構造に最低限なっていないと、
残りの3つをコツコツ実施しても、評価されづらくなってしまうことがあります。

チェックリストでは、この評価されやすいようにHTMLタグを調整する箇所を中心に記載をします。
※大規模なサイトだと、重複するページが出ないようにしたり、
絞り込み検索などの時にURLを調整したりと、
最初にケアしないと後から大きく開発コストがかかってしまうこともあります。

 

・テキストを増やす。
・リンクを増やす。
・ページを増やす。

 

については、ご存知の方も多いと思いますが、
検索エンジンは、「情報の量と質」を評価しますので、

 

・テキストを増やす、ページを増やす→情報量や質が充実していると評価する。
・リンクを増やす→たくさん(良いサイトから)紹介されてて、質が高い。と評価する。

 

というのが、ざっくりとした理由です。

上記を前提にして、チェックリストを作りました。
よかったらお使いください。

<チェックリスト本編>

☆は重要度です。ほとんど基本的なことしか書いてないので、やったほうが良いですが、☆☆☆のものは効果も大きいです。

 

HTMLタグの調整

☆☆☆titleタグはTOP3キーワード下層1キーワード程度で自然に。(30文字程度がおすすめ)
☆☆☆h1タグを全ページ独自のものに。基本はtitleと同じ感じで。
☆☆☆(もしあれば)TOPページ内のどこかに住所を記載※セットでgoogleマイビジネスに登録。
☆☆☆(星はサイトによる。)<link rel=“canonical” href=“”>タグの追加
☆画像のaltタグには画像の内容をきちんと記述。(空にはしない方が良い。)

 

HTMLタグの調整(内部リンク(自社サイト内のページ同士のリンク)の調整)

☆☆☆パンくずリストの追加、及び変更(キーワードを入れましょう)
☆☆☆読み物コンテンツなどからサイト内に関連するページがあればリンク
☆ページ内リンクにもキーワードを入れる。
☆☆重要なリンクは相対パスから絶対パスに変更
☆TOPからTOPへのリンクを削除

テキスト増やす・ページを増やす
☆☆☆上位表示を狙いたいキーワードを含んだテキストを追加(800文字以上推奨)
(☆☆☆ページの増加。(記事を書いてページを増やす)ワードプレスはおすすめです。)

外部リンク(自社サイト以外からのリンク)
☆☆☆所有サイトからのテキストリンク(外部リンク)の設定

 

その他URL調整など
☆☆☆TOP、下層のURLの統一
☆☆XMLサイトマップの送信
☆☆ウェブマスターツールへの登録

 

<チェックリスト解説>

☆☆☆titleタグはTOP3キーワード下層1キーワード程度で自然に。(30文字程度がおすすめ)

サイトの表側には見えないのですが、
ブラウザで見ると、タブのあたりに出てきたり、
検索結果の見出しになっているのがtitleです。
HTML内だと<title>で囲まれている箇所です。

TOPページには、3キーワード、下層には1キーワードを入れていくのが良いです。
(あくまで目安)

例:
TOP
東京のSEO対策・WEBマーケティングのことなら週末のSEO対策会社
「東京」「SEO対策」「WEBマーケティング」で3キーワード

下層
ペナルティ解除サービス|東京のSEO対策・WEBマーケティングのことなら週末のSEO対策会社

「ペナルティ解除サービス」

 

☆☆☆h1タグを全ページ独自のものに。基本はtitleと同じ感じで。

h1タグについては、場所はサイトによって様々ですが最近はロゴ付近に入れることが多いと思います。
※目立たなくてすむので。

タグの意味としては、「見出し1」で、「サイトの中にメインで何を書いてあるか」を
示すタグなので、ここにも狙いたいキーワードを入れるのがおすすめです。

SEOに強いテンプレートとかワードプレステーマと呼ばれているものは
大体、更新しても自動的に「更新したページの件名をh1に入れる」ようにして、
キーワードがきちんと入るように配慮されています。

例:
TOP
東京のSEO対策・WEBマーケティングのことなら週末のSEO対策会社
「東京」「SEO対策」「WEBマーケティング」で3キーワード

下層
ペナルティ解除サービス

「ペナルティ解除サービス」
※共通部分は除くのがおすすめ。

 

☆☆☆(もしあれば)TOPページ内のどこかに住所を記載※セットでgoogleマイビジネスに登録

 

お店の場合だけの施策ですが、

MEOと呼ばれるgoogleマップの検索結果を対策する際によく修正点としてあげられることが多いのですが、

ページの中に住所を入れて検索エンジンにも「どこにあるのか」わかるようにしましょう。
画面の下の方に入れる。でも良いです。
また、googleマイビジネスというgoogleの無料ウェブサイトのようなサービスがあるので登録しましょう。これも大きく評価されます。

あとは、googleマイビジネスのページへのクチコミも順位に関係あります。
業者の書き込みが横行しているようですが(苦笑)
きちんと集められるなら、集めると非常に良いと思います。
※googleのユーザーでないと書けないので、常連さんにお願いして、
 あくまで公正に書いてもらうのは、良いかもしれません。

 

☆☆☆(星はサイトによる。)<link rel=“canonical” href=“”>タグの追加

数十ページから100ページくらいのサイトであれば、あまりないと思うのですが、
どうしても同じ意味のページが複数できてしまうケースがあると思います。
※例えば、詳細ページと応募ページの内容がほとんど同じだけとURLが違う。等。

この場合は、<head>の中に
<link rel=“canonical” href=“ここに評価させたい方のURL”>と記述をして、
検索エンジンに評価をさせるURLを一本化できます。

☆画像のaltタグには画像の内容をきちんと記述。(空にはしない方が良い。)

これはどこにでも書かれていることですが、
基本的に検索エンジンはテキストを読み、テキストを評価しますので、
説明を入れましょう。
昔は、キーワードを詰め込む手法など流行ったこともあったようですが、
自然に画像の内容を書けば良いと思います。

と、次に内部リンクについて書こうと思ったのですが、
一度に全部書いて、本当にSEO対策会社に依頼する必要が無くなって仕事がなくなると
新婚の私は完全に困りますので、一旦こちらで前編<完>とさせていただきたく存じます。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございましたm_ _m

続きはまた週末書きます。

【2015年12月5日追記】
内部施策のチェックシートを含め、内部施策・外部施策を全てまとめてみました。
今後はこちらで最新情報を更新していきます。
SEO対策でやるべきことはたった4つだけ!アップデートで単純明快になった【2015年最新版、随時更新】

Published in 未分類

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です